Mr.VIRTUALIZER 字幕密码

来自萌娘书库
跳转至: 导航搜索
这个页面的对应条目是Mr.VIRTUALIZER

日文版

焼け焦がれたLidicの村より命からがらの道にして半里ばかりの獣道、子の丈ほどの口を開けた折れ木の間を西に逸れ、駆け登る。
いつもは陽に白く眩しい抜け道の先が、火に紅いのを感じる。
息切れの口から、恐怖と憎悪と、夢であって欲しいと願う焦燥が同時に吐き出されそうだ。

「嫌だ・・・嫌だ・・・」

自らの正気を確認するかのように言葉を繰り返しながら光の先へ飛び出す。
丘から見える景色は予感を裏切らぬ現実で、願いは裏切られた。
見下ろす惨状に小さな膝が嘲笑う。
強く握りしめた爪先から落ちる赤い雫に気づく事もなく少年が鳴く。

「逃げる、逃げる。ボクは逃げる。無、無かった、何も無かった。そうだ、新しくしよう。全部新しくしよう。科、科、科、科学の、科学の力でリセットできるはずさ、簡単さ、簡単なんだよ。ちくしょう。ちくしょう。ちくしょう。」

(断)

まだあどけない、煤だらけの顔が暗がりに消えた。
追憶にはMr.と書かれているが掠れていて先を読むことができない。
どうやら相当深くまで潜らないといけないようだ。
この辺り一帯は堆積する心の滓が多いな。
少々・・・重い。
針葉樹が枯れてしまうのも無理はない。
どこまで彼に近づけるか分からないが、もう少し。

(転)

暗いな。
トンネル・・・いや、陽の射さぬ研究所だろうか。
寄せ集めたようなまとまりのない器具工具に電気機器の山。
壁には今にも剥がれ落ちそうな古びた資料が埋まり、書き殴るようにしてこう書かれている。

「Hit me the VIRTUALIZER Lidar! Light up my Life!」

輝かせてよ人生を、か。
美容商材のまじないのようだな。
薄明かりに動く影。
ヒップフラスコを片手に足元の覚束無い男が作業大のガラクタを押しのけて何かを語りかけている。
写真・・・だろうか。

「ふん。簡単だって言ったろ。ちょっと時間かかったけどなぁ。世界はよ、ずっと変わらねぇ。ヒトの形をした怪物達がヒトの大切なもん奪ってく世界だ。権利だ弔いだとか言って、なんちゃら解放戦線とかいう徒党組んだあいつらも俺から言わせりゃ同類さ。
HumanLivesMatterだとよ。いっそ解放して欲しいよ、生きる事から。そもそもあの女も禍いだ、祝福の鐘とか言ってあの青い・・・顔が思い出せねぇ。なぁナスカ。こんな風に逃げて生きる世界があってもいいと思わないか?
いや・・・お前はいつだって立ち向かうやつだったな。
俺には無理さ。現実が嫌で、逃げて、逃げて、でも追っかけてくんだよ。記憶が。過去からも、現実からも、逃げらんねぇなら・・・とか思ってな、こんなもん作ってみたけど、どうだろうな、上手くいくかわかんねぇ。これな、これ使ったら自由な世界でやれるんだぜ。俺が作ったんだよ、へへ。褒めろよ、もうすぐ会えるわ」

(断)

途切れてしまった。
時の証印は見当たらない。
しかし、この銃にも似たものが壁にあった。
恐らくVIRTUALIZER Inc.はこれを・・・
一体誰が、どうやって手に入れたのか。
容易に増殖する夢の形。
そして希薄化する命の価値。
名の知れぬ者が残した設計図は幸福への入り口か、それとも墓場への入り口か。

「Mr.VIRTUALIZERの追憶」より

中文版

MV截图

从化为焦土的Lidic村一路疲于奔命地逃离,经过约四里路的山野小径,从折断的树木间裂开的大缝穿过向西逃上山坡。若是以往,这条捷径尽头的景色总是被洁白而耀眼的阳光所包覆,今日望去却染上了一丝鲜红。随着急促的喘息从口中呼出的,不止是恐怖与憎恶,还有但愿这一切只是梦境的焦躁。

「不要...不要...」

仿佛为了使自己保持清醒一般不断重复着这句话,他向着有光照耀的地方逃而去。从山丘上看到的景象虽不出所料,却将他心中的希望击得粉碎。山下的惨状使他的双腿不争气地抖个不停。鲜红的露珠从他握紧的指尖滴落,浑然不觉的少年哭喊着。「逃跑、逃跑。我要从这里逃跑。没、没有了。什么都没有了。对了,再做个新的吧。全部换成新的吧。用科、科、科、科学、科学的力量,应该可以将这一切重置的。很简单,易如反掌。该死。该死。该死。」(断)

仍显稚嫩的面庞上沾满灰尘,消失在阴暗处。遗忆中虽然记载了Mr. 但之后的内容已经磨损无法阅读。看来必须要潜入更深层的地方才行。这一带堆积的心灵残渣可真多。稍微有些......沉重。也难怪心叶树会枯萎。虽然不知道距离他还有多远,再加把劲吧。(转)

好黑啊。这里是隧道......不,应该叫暗无天日的研究所吧。不知谁从哪里搜集来的器具摆放得杂乱无章,电子仪器堆积成山。墙壁上贴满了随时可能脱落的老旧的纸质资料,上面潦草地写着一些文字。「Hit me Virtualizer Lidar! Light up my life!」“让我的人生闪耀光辉吧”,听起来像是宣传美容用品的魔咒一样。微光中有暗影在蠢蠢欲动。单手拿着扁金属酒瓶的男人脚步虚浮地走向试验台,将上面的破烂一把推开,对着什么东西喃喃自语起来。那是......一张照片?「哼。我说过很简单吧。虽然花了我不少时间。这个世界啊,到什么时候都不会改变。伪装成人形的怪物夺走人们最重要的东西,就是这样的世界。说着什么权力什么悼念的,还拉帮结伙搞了个什么解放战线的那帮家伙,在我看来也不过是一丘之貂罢了。还说什么Human lives matter的。要我说,不如把我从生存本身解放出来最好。说到底那个女的也是个灾星。说什么祝福的钟声,那个蓝色的......我想不起长相了。我说,纳斯卡,你不觉得有一个逃避着生存下去的世界也不错吗?不对......你是一个不管遇到什么事情都会挺身面对的家伙啊。我可能做不到。我厌恶现实,我逃啊逃啊,但是记忆总在我身后紧追不舍。既然无论是过往还是现实,都无法逃避的话......用了这个,就能在自由的世界里过下去啦。这可是我做出来的,嘿嘿,夸夸我吧,马上就能见到你了。」(断)

记录中断了,看不到任何有关时间的印记。然而,和这把枪形状相似的东西却留在了墙壁上,恐怕Virtualizer Inc. 就是将这个......究竟是谁、通过什么办法得到的?轻而易举便能大量复制的、触手可及的梦想,以及越来越稀薄的生命的价值。无名者留下的设计图,究竟是升往幸福的阶梯,还是堕向坟墓的入口呢。

摘自「Mr. Virtualizer 的遗忆」